保険について

健康保険でうけられる鍼灸治療は?

次の病気については健康保険で鍼灸治療がうけられます。

○神経痛…例えば坐骨神経痛など。


○リウマチ…急性、慢性で各関節が腫れて痛むもの。


○腰痛症…慢性の腰痛、ギックリ腰など。


○五十肩…肩の関節が痛く腕が挙がらないもの。


○頚腕症候群…頚から肩、腕にかけてシビレ痛むもの。


○頚椎捻挫後遺症…頚の外傷、むちうち症など。

その他これらに類似する痛みを伴う疾患など。



患者さんの保険取り扱い手続きは?

1.先ず、これからかかろうとする鍼灸院にお問い合わせ下さい。

2.その鍼灸院で「同意書」という用紙を受け取って下さい。

3.同意書を医院・病院等に持参し診察を受け、同意書に必要事項を記入してもらって下さい。

4。記入済みの同意書、健康保険証と印鑑を鍼灸院に持参して頂ければその後の手続きは鍼灸院で行います。

 

 

注意することは?

 鍼灸の保険適用については、次のことがらにご注意下さい。

1.健康保険で鍼灸治療を受けている期間中は、その病気について医院・病院で治療や投薬は受けられません。他の病気の治療は受けられます。

2.医師の同意書の有効期限は3ヶ月間です。それ以後は3ヶ月毎に再度、同意が必要となります。但し、治療を継続する場合には同意書に記入してもらう必要は無く、口頭でも結構です。

3.健康保険の種類によっては、取り扱いが出来なかったり、患者さん本人が手続きをしなければならないものもありますので鍼灸院にお問い合わせ下さい。


健康保険以外で取扱える保険は?

1.生活保護法(生保)の医療扶助

2.労働者災害補償保険(労災)

3.自動車損害賠償責任保険(自賠責)

 

上記については鍼灸院にお問い合わせください。

 


Copyright(c) 2013 公益社団法人 埼玉県鍼灸師会 All Rights Reserved